伝承の食文化「ひっぱりうどん」ver.「ゲソ天」


冬の山形の定番「ひとつの鍋が通わせる心のぬくもり」

雪国山形に伝わるうどんの食べ方です。食べる人自身が、ゆで鍋から麺を"ひっぱり"あげ、つけだれに絡めて食べることから、その名がついたと言われています。地元の定番「納豆とサバ缶のしょうゆだれ」に、山形で人気のめん類の付け合せ「ゲソ天」を添えて提供します!